オッサンがコンデジ片手に三角木馬に乗りながら悶えるブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

合併+再編=不安がテンコ盛り



CP+始まりましたねぇ(´∀`*)

RICOHブースではA16 24-85mmの新ズームが盛況との事ですが・・・他に何か出してましたっけRICOHさん?(笑)

昨日寝る前に、「PETAXのK-01が出るのでGXRでもKマウントユニットが出るんじゃ?!

興味ないけど、GXRのユニットが1つでも増えるなら大歓迎ヾ(*´∀`*)ノ」

・・・と能天気な事言ってましたが、普通に考えればK-01が出ることによってGXR崖っぷちですよねΣ(゚Д゚;)

今日のRICOHからの発表を聞いて目が覚めました・・・

能天気に「ユニットが増えるんじゃないっすか?w」なんて言ってる場合じゃないって・・・







今日のRICOHの発表で

株式会社リコー(社長執行役員:近藤史朗、以下リコー)は、リコーグループのデジタルカメラ関連事業に関し、以下のとおり、組織機能変更を行うことを決定いたしました。
  リコーグループでは現在、RICOHブランドのカメラ事業をリコー・パーソナル・マルチメディア・カンパニー(以下リコーPMMC)が、PENTAXブランドについてはペンタックスリコーイメージング株式会社(社長:三浦善司、以下ペンタックスリコー)が推進しています。この度、この体制を一新し、本年4月1日からは、デジタルカメラなどのコンシューマー向け事業をペンタックスリコーに集約します。同時に、ペンタックスリコーの監視カメラ用レンズなどのセキュリティー関連製品事業と、業務向けカメラ事業をリコーPMMCに移管し、官公庁・企業などを対象とした業務向けカメラ事業をリコーPMMCに集約いたします。

 リコーは、2011年10月1日ペンタックスリコー設立後、コンシューマー事業強化を目的として、リコーグループ内における組織機能の重複の排除や、成長戦略の実現に向けた検討を重ねてまいりました。今回の組織機能変更により、 顧客接点力の強化、開発リソースの最適配置、技術投資の方向性や業務プロセスの見直しなどを加速し、お客様により魅力ある商品・サービスを提供できる組織体制を整えることができると考えております。

デジタルカメラ関連事業の組織機能の変更について RICOH

要は2012年4月1日から、合併したものが本格的に動き出すので

デジタルカメラ部門でもPENTAXRICOHを本格的に1つの部門として進んでいく・・・

って事ですよね?!

と言うことは現在のラインナップもカブってるものや不要なモノの見直し等もするでしょう・・・

PENTAXはデジタル一眼や発表になったばかりのK-01などのレンズ交換式カメラが

RICOHにはGRやCXの根強いユーザーを抱えるカメラがあります

さて・・・そうなるとGXRメチャクチャ微妙ですよね?!(笑)

整理されるとすればGXRしか無いんじゃないかってくらい微妙です(´∀`;)

発売当初から迷走気味のGXR・・・

A12 MOUNTは意外にも人気があるようで、Mマウントを持っているユーザーには歓迎されたようですが

純粋にGXRのカメラユニット交換方式に魅力を感じたユーザーを裏切った感が満開な気がします。

ライカレンズをお持ちの方はライカレンズが使えれば良い訳で、GXRである必要無い気がするのですが?(笑)

GXRの最大の売りを捨ててまで、あの時期に出すことが必要だったのか未だに疑問です・・・

そんなこんなで迷走を続けるGXRはこれからも迷いながらでも走り続けるのでしょうか?

それともゴール・・・いやリタイヤ目前なのでしょうか?(笑)
関連記事

| .カメラ 気になるもの PENTAX RICOH | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kyoutothuglife.blog134.fc2.com/tb.php/508-1e7e5501

TRACKBACK

PREV | TOP | NEXT